京都の寺で本格料理・閑臥庵(カンガアン)

素晴らしい穴場の寺があると聞いて、鞍馬口駅から閑臥寺を訪れた。
行灯による夜の情景が素晴らしいそうだが、昼間もいい感じ。

見渡すと料亭のような施設があり、「閑臥庵(カンガアン)」という立派なレストランがあった。住職に「寺でここまで本格的なのは珍しいですね」と聞くと「黄檗宗だからです。この宗派は檀家をもたないので、稼がないといけないんですね」とのこと。

ちょっと思い出したのが「維摩経」。寺の中より、世間の中で囚われない修行をすることこそ大切と説く話だが、日本の仏教も大きく影響を受けているんだとか。

黄檗宗だと萬福寺が有名でそちらでも料理が楽しめるが、宇治の方なのでちょっと遠い。ここだと京都市内で手軽に行けるのでオススメ。ファサードもかっこいい。今度は夜いってみよう。

 

Shares 0
chakuriki
chakuriki
滋賀出身です。ご当地マストドン主催。田舎・鉄道・旅行好きの方歓迎しています。ご当地サイト 「chakuwiki」も主催 。twitterのプロフィール 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です